脱毛スプレーに含まれる脱毛成分を解説。

脱毛スプレー 成分

脱毛スプレーは、スプレー式なので誰でも簡単に均一に塗ることができるのでお肌への負担を減らして有効成分を簡単に撒布できます。

 

脱毛スプレーに配合されている代表的な成分として、チオグリコール酸カルシウムというものがあります。
チオグリコール酸にはアンモニウム、ナトリウム、カルシウムの3つの種類があり脱毛をしてくれのがチオグリコール酸カルシウムだと言えます。
髪の毛を構成している物質でケラチンタンパク質があります。
チオグリコール酸カルシウムはタンパク質を強力に分解する作用があり、アルカリ性の成分なのでそのアルカリ性が
タンパク質に反応することで毛を溶かしてくれる働きがあります。

 

また毛先を丸くする作用もあるので手触りがなめらかになる作用があります。
脱毛スプレーを塗ると、毛が収縮したようになるのはこの成分の作用によるものです。
国も認めている安全性の高いものなので安心して使用することができますが、人によってはお肌への刺激を感じたり肌荒れなどを引き起こす可能性があります。

 

また、お肌を保護するたけの加水分解コラーゲンは、保湿効果が高く脱毛によってダメージを受けたお肌に高い浸透力でハリや潤いを与えてくれるものです。
脱毛スプレーに含まれるスプレーの泡は非常にキメが細かく、表面の毛だけでなく毛根にまでチオグリコール酸カルシウムを浸透させて毛穴の奥から脱毛してくれます。

 

脱毛スプレーは、塗るだけで毛を溶かすほどの強い作用があるためお肌に負担をかけたり肌荒れを起こす可能性がありものですが、
お肌への負担を減らすための成分を配合することで、お肌へのダメージを軽減することができます。

 

脱毛スプレーは、気になるムダ毛にスプレーして拭き取るだけで脱毛できるというお手軽な方法です。
お金をかけずに短時間にムダ毛の処理ができますが、数日経つと再び毛が生えてきます。
そのため、定期的に処理する必要が出てきます。

 

また、毛を溶かす作用が強くお肌に合わない可能性があるので使用前にはパッチテストをしてお肌への刺激を確認するようにします。
脱毛スプレーは脱毛クリームに比べて、お肌に均一にムラなく広げやすく手の届きにくい場所へも塗ることができます。
また、お肌への負担を減らしながらもしっかりと脱毛を行ってくれます。

 

効果には個人差がありますが、スプレーしてからすぐに洗い流すのではなく必要な時間を置いてから洗い流すことで効果を感じることができます。